無垢フローリング【ロシア唐松】|無垢フロアの専門店LIFE UP FLOOR

無垢フローリング【ロシア唐松】

ひのき 無垢床

ロシア唐松について

ロシア唐松は寒冷地に生育しているため、木目は詰まっており、まっすぐに伸びた木目が美しい木材です。色味はやや黄色を帯びた褐色で、辺材は淡黄白色です。素晴らしい黄金色がインテリアを際立たせてくれ、他の木材にはない美しさがあります。一般的に、針葉樹は楢やタモなどの広葉樹より柔らかいと思われがちですが、レッドパインや杉に比べると堅く耐久性があり比較的硬い針葉樹になります。そのため、水にも強く、 表面硬度は、広葉樹のブラックチェリーやオークよりも硬いとされています。それでいて、広葉樹のような冷たい感触は軽減されるので、素足であるく無垢フローリングには適しています。

 国産唐松は約30年と若いうちから伐採されますが、ロシア唐松の原木は樹齢が200年にもなる言われています。 国産唐松と比べて約7倍も樹齢に差があります。その長年の月日を重ねたロシア唐松の木目は、針葉樹フローリングの最高峰と言えるような緻密ではっきりとした木目が際立ちます。

かつてロシア唐松は、癖が強く、安定しない木材として土木用木材にしか使えないなどと言われていました。しかし、針葉樹のデメリットとしてくるいやヤニなどの問題がありましたが近年の脱脂乾燥技術により軽減されています。そして、黄金色の他にはない木目と美しさ耐水性耐久性の高い木材であるロシア唐松をフローリングに採用したいと考える人も多く、じっくりと加工することでフローリングとして使われるようになってきました。

ロシア唐松におすすめの塗装

オイル塗装

ロシア唐松は狂いやねじれが生じやすく、無垢フローリングとなるまでに丁寧な乾燥技術や加工技術が必要です。 また、クセとヤニの両方を抑えるために時間をかけ、油分を出し馴染ませていきます。丁寧に時間をかけて加工された木材だけがフローリングとなるのです。

ロシア唐松の美しい木目を際立たせるためには、表面に浸透系の自然オイル塗装を施すのがおすすめです。無垢フローリングの使い始めに表面に塗布する保護剤は、いくつかの種類があります。表面を完全にコーティングしてしまうウレタン塗料は保護性が高く、傷や汚れからフローリングを守ってくれます。しかし、無垢材の風合いを無くし、ロシア唐松の滑らかで美しい木目と色合いも被膜で覆ってしまうことになります。浸透系のオイル塗料なら無垢材ならではの風合いや色味を損なわずに表面を汚れから守ってくれます。

長年使い込んでいくと、オイル塗装と人の足の裏からでた油分により艶が出て、色の深みも増し、木目の美しさが際立ってきます。耐水性を備えつつ、針葉樹の優しい雰囲気、人とは被りたくない、オリジナル感のある家づくりがしたい人にはロシア唐松はおすすめの木材です

ロシア唐松商品はこちら